親も反省しながら成長する?

何事にも反省はつきものです。

子育てでイライラしていると、ついつい後になって反省するようなことを言ってしまったりしてしまうことがあります。

現実的な見方をすれば、失敗のない子供の育て方をすることの方が不可能で、失敗をするということはつまり反省もするということになります。

ただし、現在進行形で子育てのイライラと闘っている場合には、自分自身の経験から学ぶと共に、他人から学ぶこともできます。

これまで子育てのイライラと闘ってきたママさんたちは、どんな点で「こうすればよかった」と思うことがあったのでしょうか。

正しい叱り方を知っておきましょう!

多く見られるケースでは、何かのことできつく叱りすぎてしまう、がみがみ言う、たたいてしまったという点です。

とくに親の側のストレスの度合いが高い時には、ついつい感情の処理方法として子供に強くあたってしまうことがあります。

子育てにイライラするということは予めわかっていることですから、あとで後悔するくらいなら、最初から正しい叱り方について学んでおくことができます。

正確な知識があれば反省することがなくなるということではありませんが、少なくとも少しは子供に対して理性的に振る舞う助けとなるに違いありません。

反省は避けられないとしても、正しい方法で子供を叱ることで反省する点を少し減らしていくことができます。