3歳の子育てイライラ

あと少し耐え時が続くと思えば安心!

先の見えないトンネルでは、この先にどれだけの距離が残っているのか、これまで歩んできた距離と比べてあとどれくらい残っているのか、なんとも言えない閉そく感に襲われてしまいます。

実際に子育てのストレスを経験しているママさんも同じように感じることがあるでしょうか。子供が生まれたときから始まって、3歳と成長していきますが、いまだに奮闘しています。

「わたしの人生はこの子に費やすだけで終わってしまうのか」などと極端な考え方をしてしまうこともあります。子育てにはイライラがつきものであることは予想していても、「これほど大変なの?」と思っていませんか。

育児ストレスのピークを知ると安心

子供が3歳に達すると、子育てのイライラもかなり溜まってくるように感じます。 一般的に2歳の時はかなり大変で、3歳も同じく大変と言われます。ということはつまり、今の大変さがこれからもずっと続いていくと考えるのは幾分大げさかもしれません。

多くのママ先輩に対するアンケートでは、のイライラのピークは子供が3歳の時だったという結果が出ています。つまり、いまお子さんが3歳ならばまさに「耐え時」なわけです。

もちろんそこを過ぎたら急に楽になるというわけではありませんが、トンネルの先が見えているということなのです。 いまの時期に注げる愛情をしっかりと注いであげましょう。