良くないと思いつつしてしまう八つ当たり

ついつい八つ当たりしてしまうのは仕方がない?

理想の親、よくできた親は子供を理性的に叱ることができると思うと落ち込んでしまいますが、子育てでイライラするときにはつい八つ当たりしてしまうことがあるかもしれません。

その相手が子供の場合は、あとになってから後悔してしまうことがあります。 最初はしたつもりはなくても、あとになって考えてみるとかなり自分の感情が関係した行動だったことに気付くことがあります。

もし現在子育てのイライラと奮闘中なら、八つ当たりしてしまいたくなる時があるという現実的な見方をしたうえで、少しで減らすための対策を講じることに意識を集中すると良いでしょう。

自分の限界を超えないようにする

ママさんと言っても、人間なので八つ当たりしたくなってしまいます。 そのような時こそ、子育てのイライラを上手に解消することをおすすめします。 例えば、「もう限界」と感じる少し前に、思い切って子供を半日預けて自分の時間を取ることができます。

この点では配偶者や家族に負担をかけることになりますが、自分の限界をしっかりと知っておくことは、子育てのイライラから八つ当たりしてしまうことを避けるうえで助けになります。

子供が小さいうちは、八つ当たりしたい気分になるかどうかに関係なく、自分が思っている以上にストレスが蓄積されています。ふさわしい方法とタイミングでストレスと向き合っていくことが大切です。