4歳の子育て

今後の教育について話し合う良い時期

その時々で生活にはストレスがつきものですが、子育てのイライラにはそれなりの長期化が予想されるため、途中であきらめてしまいたくなってしまうことがあるかもしれません。

とくに4歳に入るころにはイライラのピークを過ぎると言われる一方で、その頃になると別の意味でのストレスがやってきます。それはすなわち、「もう4歳だから、これからは立派な大人になるように育てなければ」という感情です。

最近では幼稚園受験や小学校の受験にチャレンジする家庭も多いわけですから、4歳にもなればママ友達とも教育やしつけの話になることは避けられないでしょう。

他の家庭と比べない

改めて今後の子育てと向き合っていると、「どのようにしつけをしていくべきか」、「どんな教育を施していけばいいのか」と考え過ぎて、それがかえって子育てのイライラへと発展するかもしれません。

この4歳の時期に決してしてはいけないことは、他の家庭と自分の家庭を比べることです。各家庭でも同じような悩みを抱えて、それぞれの答えを出して取り組んでいきます。

各家庭で、子供の4歳という年齢は同じでも背景や経済状況、家族構成は異なっています。 大切なことは、配偶者と時間をとって今後の子供の成長について話し合うことです。ふさわしい時期に話し合っておけば、不必要な子育てのイライラを避けることができます。